欽天四化派 紫微斗数ブログ紫微斗数における「対の宮」

ブログ

紫微斗数における「対の宮」

紫微斗数の命盤には、

12個の「宮」が配置されています。

それぞれの宮の反対側の宮、

つまり「対になる宮」は、

表裏一体の密接な

関係性を持っています。

(それぞれの宮の位置は、

「紫微斗数とは」のページに

掲載しております。)

 

「命宮」⇔「遷移宮」

自分自身⇔自分以外の社会一般

 

「兄弟宮」⇔「奴僕宮」

兄弟姉妹・親友⇔浅い付合いの知人友人

 

「夫妻宮」⇔「官禄宮」

夫婦・恋人⇔仕事

 

「子女宮」⇔「田宅宮」

子供・後輩・部下⇔家・先祖

 

「財帛宮」⇔「福徳宮」

お金・富⇔魂・幸福感

 

「疾厄宮」⇔「父母宮」

身体・病気⇔両親・先輩・先生

 

これらの対の宮は、

お互いにとても密接に関係しており、

両方の宮を精査することにより、

より鮮明にその人を鑑定できます。

困難の原因が、対の宮から

派生していることもあります。

 

 

 

紫微斗数とは 浅野 光院 プロフィール
TOP